ロレックスマラソンで新型エクスプローラIを手に入れるまで

こんにちは、しゅんです。

今日は最近の大きな買い物について書きます。

それは、ROLEX!

タイトルにもありますが、2021年11月にエクスプローラIというモデルを正規店で購入することができました。

こちらです!!!シンプルでかっこいい。。。

ROLEX EXPLORE1 Ref:124270 36mm

実は、ROLEXの人気モデルは2021年現在、非常に品薄な状態が続いています。

明らかに、需要>供給になっていて、一番人気のデイトナというモデルは、正規店の定価は140万円くらいですが、

正規店以外で買うと、新品で450万円以上で売られています。(3倍以上!誰が買うんだろう、、、)

だからこそ、転売目的の方も多く、2019年に、デイトナやサブマリーナ、エクスプローラといった人気モデルには購入制限がかけられました。

・同一モデルは購入後5年間、別モデルでも購入後1年間はシリーズモデルが買えない

この制限により、本当に欲しい人が手に入れやすくなったとは聞きますが、それでも相場は上がる一方です。

なぜ、ロレックスのエクスプローラIが欲しいと思ったのか

まず、なぜこのモデルを欲しいと思ったか。

僕は機械式時計が好きで、1回目はオメガを購入しました。

オメガは完全に仕事用で、黒革ベルト、白文字版の時計を買いましたが、私服だと格好を選びます。

そこで、どんな格好にも合う金属ベルトの時計が欲しいずっと思っていました。

今年は、仕事で管理職を任せていただいたり、結婚したりという人生の大きな節目のタイミングだったので、

この時計を見るたびに今年のワクワク感を持って人生をすごしたい、と思い探していました。

そんな特別な記念の時計として選んだポイントは、

1. シンプルかつサイズが小さくてシーンを選ばないこと

一つ目の理由はこちら。僕はどちらかというと小柄な方なので、あまり大きい時計が似合わないです。

エクスプローラ1は、2021年にリニューアルして、ケースサイズが39mmから36mmにサイズダウンしました。

この小さいサイズ感が主張しすぎずちょうど良いと思いました。

2. エクスプローラという名前の由来

エクスプローラは歴史がすごく長いです。

1953年5月、ロレックスの腕時計を着用したエドモンドヒラリー卿が属する英国遠征隊が世界初のエベレスト登頂に成功。その年に作られた、「探検家のための時計」です。

このストーリーがとても好きで、自分も探検家みたいに好奇心を持ち続けたい!と思いこのモデルに決めました。

3. ロレックスの資産価値

ロレックスは、金額は高いですが、資産価値は圧倒的です。

人気モデルは、新品で買って10年間着用し続けて売っても新品の時の価格より高く売れることもザラにあります。

今のところ売るつもりは全くありませんが、貯金のような資産形成の一つとしても考えられます。

ちなみに、このモデルは71万円で購入したのですが、新品は正規店以外では115〜140万円ほどで売られています。

ヨドバシカメラのオンラインストア

他のモデルと圧倒的に違うのが、「黒一色のみ」で、何十年もほぼデザインも同じでずっと愛されてきたというのも歴史があってとても好きです。

手に入れるまでの流れ

前置きが長くなりましたが、僕は正規店に通い続けて買うことができました。

正規店に行った回数は、、、約4ヶ月間、土日メインに50回ほどです!

ロレックスマラソンは大阪を中心に実施

場所は、大阪市内の正規店を中心に、たまに名古屋のお店にも行きました。

正規店に行く時は、平日は仕事だったのでなるべく休日の人が少ない時間帯に行くように意識していました。

百貨店オープンの10時ちょうどに行ったり、昼の時間や、閉店間際の時間に行きました。

来店するたびに、

店員さん「お探しのモデルはありますか?」

ぼく「エクスプローラとヨットマスターの37mmのモデルを探しています」

店員さん「在庫確認するのでお待ちください」

どきどき、、、店員さんが戻ってきて

店員さん「あいにくすべて品切れでございます」

ぼく「うわ〜やっぱりそうですよね、、、(わかっていながら毎回ショックを受けるw)」

みたいなやりとりを繰り返します。そこで、ROLEXのモデルごとの人気状況を教えてもらったり、店員さんとの会話を楽しみます。

店員さんから言われたのは、エクスプローラは今年モデルチェンジしたので、かなり問い合わせが多くて特に品薄だと教えてもらいました。

土曜日の予定がない日は、1日に4店舗に行っていました。

だいたい探し始めてから1ヶ月ほど経った8月、「買える気配がないし、探す時間が無駄なんじゃないか?」

と思うようになりました。

そんな時、接客してくれたベテラン店員さんから、

ぼく「12月の結婚式で時計をつけたいから、それまでに買いたいと思っています。」

と伝えたら、

「お客様なら、出会えると思います。」

と力強い言葉をかけていただきました。

その一言がきっかけで、やっぱり探し続けようと決心しました。

そして、もう一つ転機がありました。

9月に一度、奥さんと一緒にロレックスに行き、僕の悪?影響で奥さんもロレックスが気になり始めていたので、

店舗に行った時に接客してもらいました。

そこで、若手の女性店員さんと仲良くなりました。

その後は一人で来店する時も、その店員さんだけは毎回よく話すようになりました。

ロレックスマラソンの終わりは突然やってくる

2021年11月の土曜日、お昼13時ごろでした。

昼の時間は並んでいることも多いのですが、たまたま誰も並んでいなくて到着後すぐ入店できました。

ただ、店内はお客様も多く、ほとんどの店員さんが接客に入っていて、唯一手が空いていたのが僕の仲良い店員さんでした。

いつも通り挨拶をして、

ぼく「エクスプローラありますか?」と聞いたら、いつもと違う返答が。

店員さん「在庫確認しますね。ちなみに購入制限についてご存知ですか?」と聞かれました。

知っていることと、ロレックスを買うのは初めてであることも伝えました。

いつもより少し長い在庫確認をして

「エクスプローラは、実は在庫あります。こちらにお掛けください」

あー、いつもの感・・・

・・・え!?在庫ある?

この瞬間はザワっときました。

その後は、個室に呼ばれるわけではなく、オープンスペースに布を被せて時計を持ってきてくれました。

1時間なら取り置きができると言われたので、名前を買いて店を出て、

クレジットカードの上限を上げる手続きをして、店舗に戻って来て決済しました。

店員さんから「今日のお客様の格好にピッタリですね」と言われた時は本当に嬉しかった。。。。

営利目的ではない、みたいな書面へのサインと、免許証を提出して、本人確認も行いました。
ここまでの厳重さはすごいですね。

いよいよ開封の儀

紙袋は、綺麗なグリーンで、包装紙にもROLEXの印が。

やっぱり36mmは主張しすぎず、とても使いやすいサイズです。

ロレックスマラソンのポイントだと思った点

①欲しいモデルの理由を伝えたことと、候補を絞って探したこと

一番欲しいエクスプローラに加えて、時期によりますがヨットマスターやオイスターパーペチュアルを並行して探していました。

僕が伝えていたのは、「体型的にもゴツすぎずスッキリした時計が欲しい」と伝えていました。

探しているモデルだけではなくて、それがなぜ欲しいのかを伝えることで転売しない、という安心感を

持ってもらえたのかもしれません。

②店員さんに接客してもらい仲良くなれたこと

ロレックスは売る人を選んでいる、とよく言いますが、僕は真偽はわかりません。w

ただ、僕の場合はやっぱり仲の良い店員さんから購入することができました。

僕が仲良くなれたきっかけは、奥さんと入店したことと、接客してもらったことです。

そのおかげで買うことができたのかもしれません。

③休みのお昼の人が比較的少ない時間帯に行ったこと

実は今回、僕が買っている横でも、品薄のモデル(よく見えなかったけど、おそらくエクスプローラかサブマリーナ)

を出されて買っていた方がいらっしゃいました。やはり時間帯によって提供できる、とかはあるのかな、と

思いました。

④ロレックスマラソンを有意義な時間にする

これ、めちゃくちゃ重要です。

僕の場合は、

・自宅からお店まで徒歩10分ほどなので、移動時間はウォーキングになること

・入店の待ち時間はKindleで本を読みインプットの時間にあてられること

・接客の時間はコミュニケーションを楽しんだり、一流の営業力に触れる時間

こういう捉え方をすると、楽しく続けることができました。

さいごに

みなさま、いかがでしたでしょうか?

思い出に時計を買いたい。そんなタイミングがあればロレックスはとてもおすすめです!

ぜひ一度店舗に足を運んでみてください。

今日もお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。